新・ASUISHI:
                                    最高質安全責任者(CQSO)養成研修
~医療におけるリスク量を低減する~
Reduce the Risk, for Patient Safety.

お知らせ

ご挨拶

 この度、厚生労働省の御支援の下、「最高質安全責任者(CQSO)養成研修」を開講する運びとなりました。開講に際し、御指導、御尽力を賜りました多くの皆様に、心より感謝申し上げます。

 2014-2018年度にかけ、名古屋大学はトヨタ自動車とタイアップし、文部科学省事業の一環として「明日の医療の質向上をリードする医師養成プログラム」通称ASUISHIプロジェクトを実施しました。世界最高水準とされるトヨタの品質管理手法を医療に導入するというユニークなコンセプトの下、5年間で約90 名の修了生を全国に輩出し、国内外から高い評価をいただきました。

 そのASUISHIをさらに発展させたのが本プログラムです。全体をブラッシュアップし、少数精鋭、150時間のプログラムとしてリニューアルいたしました。本プログラムの最大の特徴は、修了生が、"実際に患者の安全を確保し、その所属する医療機関のリスク量を低減できるかどうか"に重きを置いている点です。

 "最高責任者養成"の名に恥じぬよう、私たちの経験の全てをお伝えする覚悟で準備いたしました。ASUISHI OBとの交流や、修了後長期に亘るバックアップ、学術支援なども計画しております。どうか、志高き、素晴らしい皆様との出会いを心待ちにしております。

研修アンケート

明日の医療の質向上をリードする医師養成プログラム(ASUISHI)(人財養成事業は2019年3月31日完了)はこちら。